【クラウドファンディング実施中】情報の壁と孤立に悩む外国人家庭の子育てを助けてください

January 30, 2019

外国にルーツを持つ子どもたちの子育てのためのご支援をお願いします】

「1日に55人」、何の数字でしょうか。

これは今、毎日、日本で生まれる、外国にルーツを持った赤ちゃんの人数です。年間20,000人にのぼります。

私自身も当事者として感じたのは、留学生や社会人などの時と違って、日本で子どもを育てるとなった途端に、事情がすべて変わってしまいました。子育てには現地の、細やかな、具体的な情報をたくさん必要なこと、として地域とのつながりや社会への溶け込みが何よりも大切だからです。
しかし、日本社会で育ったという実体験のない外国人家族にとって、どちらもとても難しいことなのです。

私たちのNPO活動の中で、【外国人住民への子育て支援」が柱の一つです。「情報」と「社会とのつながり」に飢えている外国人家族の子育てを支援することによって、結果的に、みんなにとって暮らしやすく、子育てしやすい、多様性のある社会が実現できると信じています。

現在行っている事業は、情報差をなくすための専門家による講演・相談会や、子育て環境の多様性と寛容さを訴える演劇公演を行っています。外国人家族に確実に情報を届けるためには、現場の通訳、コンテンツの多言語対応を行っているため、一言語での活動よりはるかに膨大な費用と労力が必要です。

そこで、事業を実施するために、クラウドファンディングを始めました。
https://readyfor.jp/projects/gaikokujin

Readyforを通じてAll or Nothingのキャンペーンですので、目標達成できない場合はすべて返金になる仕組みです。

支援の締め切りは【2月20日(水)23時】です。

初めての取り組みですが、多くの方からのご賛同、ご支援を心より祈っております。

この4月から、外国人人材の受け入れが拡大される今、近い将来に起こりうる社会的課題に備え、事前に環境を整えることも大きなミッションです。「情報不足」と「孤立」しがちな外国人家族に社会とのつながりを作ろうと活動を続けております。

社会的環境は、制度や目に見える設備だけではない、多くの一般の方々の「受け入れよう、この社会で助け合って『共に生きよう』」という気持ちが最も重要な社会インフラだと思っています。

チャレンジではありますが、ご応援、ご支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。