「おとなりさん・ファミリーフレンド・プログラム」とは

地域ボランティアの力を借りて、地域に住む外国人住民とファミリーフレンドペアを組み、個別サポートを通じて、
外国人住民が日本での生活や地域社会になじみやすく、地域住民との相互理解を深めるための取り組みです。

外国人支援の現状

日本には約250万(2018年末)人の外国人が暮らしています。さらに毎年約17万人が新たに日本に移り住むことになっています。
日本社会にとって新しい住民たちをどう受け入れるかがこの時代ならではの課題です。
外国人住民は日本社会の文化、生活習慣などを理解し社会になじみ、社会も新しい住民たちへの理解を深め、
その文化を楽しみながら、一員として受け入れていく。
私たちはこのような外国人住民を含めた多様性を活かせる社会を夢見て、
「おとなりさん・ファミリーフレンド・プログラム」を立ち上げました。

おとなりさん(ボランティア)になる流れ

  1. ホームページから申込
  2. コーディネーターと面談
  3. 登録・研修
  4. 利用者とマッチング
  5. 一つのプログラムスタート
  6. 活動期間(3-6ヶ月)
  7. 一つのプログラム終了

おとなりさん(ボランティア)の活動内容

利用者のために週2~3時間、下記のようなサポートを行ってください。
皆さんのサポート受ける外国人参加者は留学生、子ども連れのお母さん、仕事している人などさまざまです。

  • 日本語を練習する機会を提供する
  • 日本の習慣、文化、社会に関する情報を提供する
  • 地域の生活情報、活動に関する情報を提供する
  • 一緒にイベントを楽しみながら時間を過ごす
  • 友人として親身になり、気持ちのサポートをする
  • 家事の手伝い
  • ペットの世話
  • 子育て、子どもの世話
  • 経済的支援
  • 食事の準備や後片付け
  • 買い物、銀行や郵便局に行くなどの「おつかい」
  • 家や滞在場所の提供

どんな人がおとなりさんになっている?

「外国人住民をサポートしてみたい」「関わってみたい」という気持ちがあれば、どなたでも参加可能です。
様々なバックブランドを持つ仲間たちと一緒に活動しましょう。

海外の文化に興味があるし、グローバル化が進む中、日本にいる外国人と接してみたい。本当の姿を知りたい。
Yさん(子ども4人を持つお母さん、会社員)
海外に数年住んだことがあって、その時現地の方にいろいろ教えてもらったのがとっても助かった。日本にきている外国人にも同じように思ってもらいたい。
Fさん(子育てが一段落し、日本語教師を経験)
海外駐在経験が長いので、海外の人が好き。忙しいが、できるだけサポートしたい。
Tさん(経営コンサルタント)
自分がこの社会で暮らしてきた経験が人の役に立つなら、面白い。
Kさん(主婦)
海外の人が好き。もっと日本を好きになってもらいたい。
Wさん(フリーランス)
外国人のお客さんが増えているので、直接サポートしてみたい。交流ができるのがうれしい。
Jさん(不動産勤務)

お問い合わせ

は必須項目

名前
ヨミ
性別
男性女性その他
携帯電話
電子メール
問い合わせ内容
おとなりさん・ファミリーフレンド・プログラムに申込団体について活動全般寄付その他
JIIを知ったきっかけ
紹介者
メッセージ

プライバシーポリシーに同意の上、送信します